読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代からの のんびり賃貸大家生活

20代で、知識ゼロから不動産投資を始めました。大家さん3年目です。いつか、不動産収入のみで生活するのが目標です!

不動産投資は、「若い頃から」が良い3つの理由

こんにちは。

20代からゆるーく不動産投資始めました、ゆるりん です。

 

20代ってお金がないですよね。

私たち夫婦も、20代の頃はお金がなかった…

 

でも、結婚のタイミングで不動産投資を始めました。

いわゆる賃貸併用住宅というやつで。

 

自分が不動産投資をするなんて 全く考えていなかったのですが、

ご縁があって賃貸併用住宅を建てることにしました。

 

不動産投資を始めてみて、思った事。

不動産投資は、やるなら早い方が良い。

 

 

理由①利益を得るのに、時間がかかる

 

当り前ですが、不動産は購入に莫大なお金が必要です。

でも、設定できる家賃単身者養のワンルームのお部屋であれば、都内でも6~8万円がせいぜい。

なので、短期的に見れば完全に赤字です。

 

丁寧にメンテナンスをしたり、

不動産会社の方と信頼関係を築いたり、

周囲の物件の状態をチェックしたり、

 

そういう小さなことを積み重ねて長く大切に保持するこ、利益が出るのだと思います。

だから、親が物件を持っている、が最強。羨ましいです。笑

 

 

理由②若い感性で、物件を創れる

これはどんなことでもそうだと思うのですが、若い方がフットワークが軽い。

そして、張り巡らせるアンテナが、広いし 敏感。

もちろん理想を実現するための資金は不足しているのですが(笑)、

店子目線に立つことが比較的楽だと思うし、

物件を増やしていくならば 若いうちからの情報収集は競争力強化につながります。

 

 

理由③不動産収入の割合が大きい

お金の価値って、年齢によって違いますよね。

私も夫も普通のサラリーマンなので、

いちおう年齢に応じて年収は上がる…はずです。

(会社が倒産しなければ…)

 

仮に家賃が下がらなかった場合、

例えば月収20万円の時の、家賃収入6万円と

月収30万円の時の、家賃収入6万円 では、

同じ「6万円」でも重みは全く違います。

お得感もあるし、収入の増え幅も大きくなる。

 

 

投資ですから、やっぱり最大の目標は利益。

利益を出すという意味では、時間がかかる分

不動産投資は早くからやった方が良いと思います。