読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代からの のんびり賃貸大家生活

20代で、知識ゼロから不動産投資を始めました。大家さん3年目です。いつか、不動産収入のみで生活するのが目標です!

「投資初心者こそ、賃貸併用住宅」の3つの理由

こんにちは。

20代からゆるーく不動産投資はじめました、ゆるりん です。

 

私は「投資に興味はあるけれど、何もアクションを起こせない」という20代を送っていました。

 

株も興味はあるけど、損しそうで怖い。

投資信託も興味はあるけど、損しそうで怖い。

そもそも、勉強しようにも時間がないし、よくわからない…

 

これって、「投資に興味がある人 あるある」なんじゃないでしょうか。

 

興味はあるけど、踏み出せない。

その最大の原因は損したくないという気持ちなのかも。

 

その場合、なるべく損しないということが重要になるわけですが、

「賃貸併用住宅」は投資の中で最も損のリスクが低いと思います。

 

 

理由①自宅購入の「ついで」

賃貸併用住宅って、「投資のための投資」ではなくて

あくまでも自宅購入のついでなんですよね。

どうせ自宅を購入するなら ついでに投資もしておくか、みたいな。

 

「住宅」にすると初期投資がかかりますから、

本気で損をしたくないなら「駐車場」にして他人に貸す というのも良いかも

駐車場なら、それこそお部屋を創る数百万円分は 必要無いわけですし。

 

 

理由②自分のために使用することも可能

これも①に共通しますが、

どうしても店子が入らなかった場合は、自分で使用することができる。

株価が下落したら投資したお金は0になる危険がありますが、

作ったお部屋は0にはなりえません。

 

自宅の一部を貸すわけですから、自分で使っても良い。

友人や親戚に格安で貸しても良い。

今はやりの、民泊にしても良い。

 

使い道は、無限大ですね。

 

 

理由③他の投資に比べ、勉強不要

株は市場をチェックしないとなりませんが、

賃貸併用住宅は、単にお部屋を作るだけ。

 

「部屋」ってとても身近なものだから、

特別な勉強をしなくてもなんとかなります。

(実際私も、なんとかなりましたし)

 

アパート1棟くらいの規模になると、勉強しないと…

ですけど、あくまで自分の家のついでですからね。

お手軽に始められるのではないでしょうか。

 

せっかくマイホーム購入を考えているのなら、

数百万プラスして賃貸併用住宅という選択肢もありだと思います。

だって他の投資に比べて損が少ない再利用可能ですもの。