読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代からの のんびり賃貸大家生活

20代で、知識ゼロから不動産投資を始めました。大家さん3年目です。いつか、不動産収入のみで生活するのが目標です!

不動産屋比較 三井のリハウス vs 住友不動産販売

こんにちは。

20代からゆるーく不動産投資はじめました、ゆるりんです。

 

現在 我が家は2部屋の借主を探しています。

いくら東京とはいえ、2月3月を逃すと 1年空室の危険が出てきます。

大家としては、家賃の見直しも含め きちんと対策をしていきたいところです。

 

 

今回、私は三井のリハウス住友不動産販売に 募集をお願いしています。

「契約時に礼金の半分を支払う」など共通点もありますが、違いも結構あります。

結論から言えば

三井のリハウスの方が、経費がかかる」

でしょうか。

 

 

その最たる例が、「店子の退去時」。

住友不動産販売は 退去の際の立ち合いは 無料で行ってくれます。

クリーニング業者も連れてきてくれて、その場で見積もりもしてくれるので 大家としてはとても安心して任せることができます。

 

一方の三井のリハウスですが、退去の際の立ち合いには約3万円必要です。

さらにクリーニング料金がかかることを考えると、大家にとってあまり親切なシステムとは言えません。

 

 

そもそも住友不動産販売は、一人の担当者が一つの物件をずっと担当してくれます。

しかし三井のリハウスは、「募集のチーム」「契約更新のチーム」「退去の処理をするチーム」など 担当が細かく分かれているようです。

 

大家さんによって好みは分かれるでしょうし、それぞれにメリットとデメリットがあることでしょう。

最初に募集を依頼する段階では、各社がどのような方針でいるのか 分からない。

(そこまで細かく検討してから募集を依頼する、というのは稀でしょう)

入居から退去まで一度経験しないことには、どの不動産屋さんのシステムが自分に合っているか分かりません。

 

・・・とはいえ、退去の立ち合いは 無料で行う不動産屋さんがほとんどですし、そこは三井にもお勉強して頂きたいところです。